差し歯を入れた話

雑記
スポンサーリンク

先日、奥歯(第一大臼歯)が抜けました。

これまで、歯の治療方針を決めて、歯の土台を入れて、義歯の型取りをしてきました。

今回は、いよいよ義歯を歯に入れます。

おそらく最後の通院になるかと思います!

前回までのあらすじ

恥ずかしながら、37歳にして歯が抜けました。

歯が抜けたといっても、もともと差し歯だった歯なので急に抜けたわけではありません。

当初は、インプラントでの治療を覚悟していたのですが、先生と相談した結果また差し歯で治療することができるとのことでした。

そして差し歯の土台を入れ、前回の通院で差し歯の型をとりました。

そして今回、出来上がった差し歯をデプロイします。

今回の処置

奥歯の土台の上に義歯をはめていきます。

今回担当してくれたのは、前回と同じく院長先生でした。

非常に安心できます。

作成した義歯は土台に合わせて作成しているので、今回は土台を成形する必要はありません。

そのまま義歯をはめ込みます。

医師
医師

・・・

私

・・・

私

終わりました

私

!!

こんな感じで、1分くらいで終わります。

後は、噛み合わせを入念にチェックしておしまいです。

手鏡を渡されましたが、出来栄えは上々です。

希望通り、白い歯で治療ができました。

本日の会計は、6440円。

今までの通院費を全部合わせても15000円かからないくらいで治療ができました。

前回セラミックの義歯を入れたときは10万円以上しましたから、非常にやすくなりました。

私

本当に良い時代になりました.

でも待てよ?

保険は3割負担だから、実費だったとしても5万弱のはず。

前回セラミックを入れて10万円を超えるっていうのはどういうことだろう・・・?

今は難しいことは考えません。

治療の後

ついに歯が入ったので、食事が非常に楽しくなりました!

噛み合わせも問題ありません。

不具合は無くなり、完治したといっていいでしょう。

私

もう誰にもクソジジイとは言わせない!

まとめ

今回の処置では、土台の上に義歯をはめ込みまし。

保険適用で白い歯(ハイブリッドセラミック/CAM冠)で治すことができたので、大満足です。

これまでの治療費は、全部含めて約15000円程。

時間は長くかかりましたが、費用はとても抑えられました。

歯を失うことは悲しいことです。

また、治療して歯があればいいというものでもありません。

審美性も含めて、自分の満足いく治療ができたのは不幸中の幸いでした。

これからも自分の歯を大事にしたいと思います。

また、これまで歯に関してはとても苦労したり不安を抱いたりしたので、子供にも歯を大切にするようしっかり教育していきたいと思いました。

私

歯は大切に。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました