厚さ5cmの荷物をゆうパケットポストで送ってみて焦った話

雑記

我が家では、相変わらず妻が断捨離にハマっています。

先日、自宅に転がっていたスイッチングハブを妻に見つかってしまい、「これもういらんやろ」ということでメルカリで出品されてしまいしました。

しばらく放置していたものの、少し値下げしたら運よく売れてしまいました。

私

やった!

と言っても、千円足らずのもので手数料を引くと僅か数百円の利益

とりあえず、いつものようにらくらくメルカリ便で送ろうと梱包をしていたところ、意外と厚みがある。

測ってみるとおおよそ5cm

アダプタ部分の厚みがどうしても圧縮するのが不可能で、安い発送方法であるネコポス(厚さ3cmまで/175円)やゆうパケット&クリックポスト(厚さ3cmまで/360円&198円)では送れないことが発覚。

このサイズならどれで送れる?サイズ別に見るメルカリのおすすめ配送方法 - メルカリ Column
メルカリで利用できる配送方法は多種多様。自分が出品したいものがどれに当てはまるか、いちいち調べるのも大変でしょう。そこで、この記事では送るアイテムのサイズごとにおすすめの配送方法をご紹介します。さらに梱包発送の手助けになるサービス、メルカリ教室についても解説します。

この場合、次に安いのはゆうパケットプラス(440円)か宅急便コンパクト(450円)になるのですが、高々数百円の利益で送料440円も払うことになりまったく面白くない

私

おもしろくない

何とか厚みのある荷物を安く送る方法は無いか・・・

調べてみるとゆうパケットポスト(200円)なる方法を発見!

ゆうパケットポスト | 日本郵便株式会社
郵便ポストで、いつでも・どこでも・かんたん発送!e発送サービス「ゆうゆうメルカリ便」で利用できる、お手軽・お得・安心な配送サービスです。
ゆうパケットポストの概要

郵便局やローソン等で販売している「ゆうパケットポスト発送用シール」または「ゆうパケットポスト専用箱」を使用し、「メルカリ」・「ラクマ」アプリで専用資材に印字されている二次元コードを読み取ることで、送り状を貼付せず、荷物を発送することができます(ゆうパケットポストは郵便ポストに投かんいただきます)。

取扱可能な荷物の大きさ・重さ

3辺合計60cm以内、長辺34cm以内、かつ、郵便ポストに投かん可能なもの(重さ2kg以下)

  • 縦・横が14cm×9cm以上
    (円筒形状の場合は、長さ14cm以上、直径3cm以上)

ゆうパケットポストで発送可能な荷物は「3辺合計60cm以内、長辺34cm以内、かつ、郵便ポストに投かん可能なもの(重さ2kg以下)」が条件であり、厚さに関しては規定がなく郵便ポストに投函さえできれば厚さに上限は無いように見えます。

とりあえず、ゆうパケットポストのシールを買いに行くことにしました。

という事で、練馬郵便局に来ました。

目的は「ゆうパケットポスト発送用シール」(20枚入り100円(税込))

商品棚に陳列されていなかったため窓口で問い合わせたところ、職員さんが奥の方から出してくれて買うことが出来ました。

その場で開封して、荷物に張り付けます。

貼り付けたら、シールの二次元バーコードをメルカリのアプリで読み込めば準備OK!

私

超かんたん!

厚さが5cmある荷物ですが、これがポストに入れば良い訳です。

一回、外に出て赤いポストに投函しようとしてみたところ、投函口に荷物が入りませんでした・・・。

実は郵便ポストの投函口は4cmになっていて、これ以上の厚みがある荷物は入らないようになっているようです。

防犯の観点からも、大きい投函口の郵便ポストは無いのかもしれません。

そこで、郵便局内のポストならいけるんじゃないか?と思って、再度郵便局に戻ると・・・

あった。

大型郵便物用だけあって、投函口が大きいです。

厚さ5cmの荷物でも、これなら余裕で投函することが出来ました。

私

ビバ!郵便局

黙って荷物を投函して、そそくさと郵便局を後にしました。

これでミッション・コンプリート。

3辺合計60cm以内の小型の荷物に限るとはいえ、厚さ3cmを超える荷物が205円(シール代5円含む)で送れるとは、かなり使い勝手がいいですね!

今までなら、ゆうパケットプラス(440円)か宅急便コンパクト(450円)で送る必要があった荷物でも、205円で送れる可能性があるということです。

こういうニッチなサービスの展開は日本郵便としては事業収入の低下につながるため、今までニーズがあったにもかかわらず扱いたくなかったに違いありません。

実際、今までゆうパックとの差別化を図るために厚さ3cmの制限は頑なに維持してきました。

今回は、その制約を撤廃する革命的なサービスであると同時に日本郵便らしからぬ対応ですが、今後成長するであろうフリマ市場で少しでも他社に対するアドバンテージを保ちたかったのかもしれません。

ゆうパケットポストがサービス開始されて以来、「厚さ3cm以上」の小型荷物を送りたい顧客が郵便に流れることが予想されますが、それに対してはヤマトはかなり焦っているかもしれません。

いずれにしても、我々としては大歓迎なので、同様のサービスをヤマトも追従してくれればいいですね!

その後・・・

私

さーて、発送終わったからウチに帰ろっと

そう思いながら、ふとゆうパケットポストの注意事項を眺めていたら・・・

私

ん?

郵便局窓口または窓口カウンター併設の差入口には差し出しいただけません。

どうやら、ダメみたいでしたw

黙ってスルーしようか悩みましたが、差し戻される可能性も否定できないのと、差し戻されたらメルカリで購入した人に迷惑をかけてしまうと思い、犯行現場に戻ることしました。

という事で、また郵便局に戻って事情を説明して、送った荷物の引き取りを申し出ました。

私

誤って局内のポストにゆうパケットポストを投函してしまいました。
差し戻されるなら、今返してください・・。

郵便局員
郵便局員

ホントはダメなんだけどね。
ざっと見たところ差し戻す程の大きさの荷物は無いから見逃してあげるよ。

そういうやり取りをして、結果的には5cmの荷物を郵便局内のポストに投函して、発送することが出来ました。

これらの雰囲気からすると、ゆうパケットポストの荷物かどうかや、厳密に4cm以内の荷物かどうかを一つ一つ確かめているわけではなさそうです。

ただし、郵便局内のポストに入るからと言って、分かっていながら明らかに大きな荷物を投函するのはモラルの観点からもやめた方が良いと思われます。

あくまでも、私はこういう結果だっということで(私は二度としません)。

差し込み口が大きい(7cm)ポストは存在する

調べたところ、一部のポストでは厚さ7cmまでの荷物が投函できるようです。

小型荷物などの投函に対応する新型郵便ポストの設置 - 日本郵便
郵便サイトのお知らせを一覧でご覧いただけます。過去のお知らせも掲載しています。

これはある意味、一部のポストならゆうパケットポストで厚さ7cmの荷物を発送できる、という事になります。

しかし、別の見方をすると地域によって提供される郵便サービスが異なるという、郵便局のユニバーサルサービスが崩壊しかけているようにも感じます。

やるのであれば、すべて(とは言わないが出来るだけ多く)のポストで7cmの荷物を投函できるようにして欲しいですね。

難しいなら、せめてゆうパケットポストは郵便局内のポストへの投函もOKとする等、地域格差をなくすような配慮は欲しいと思います。

そうでなければ、都市部の人だけが良いサービスを享受でき、地方の人は良いサービスを受けられないという事になってしまいます(というか、もうそうなっている)。

こういうところで郵便局の存在意義を高めてくれれば、郵便局も私たちもお互いWin-Winになると思うんだけどな。

今後の更なる郵便サービス向上に期待したいと思います。

おしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました