イエウールに自宅の査定依頼をしたら詫びられた話

雑記
スポンサーリンク

超低金利のおかげで、ここ数年の不動産業界は絶好調のようです。

特に都市部への人口収集中によって都市部では地価の上昇が顕著であり、不動産価格が高騰しているとのことです。

不動産業界は以前から日本の人口減少や高齢化社会に伴う空き家問題等でネガティブな情報もありますが、都市部に関してはその影響は全くないようです。

この上昇トレンドは、今に始まったことではなく今思えば10年前の震災直後あたりからあり、今でもそのトレンドは変わることなく不動産の勢いは止まることを知りません。

加えて、東京オリンピック招致、アベノミクス(インフレ、株高)、超低金利、住宅ローン控除等の政府による不動産業界への追い風も吹き、今は不動産価格が高騰しています。

この不動産業界の上昇気流に乗って、私も6年前に板橋区小茂根エリアに自宅を購入しました。

自宅は当時築24年の木造住宅5LDKで小竹向原徒歩圏で坪単価は今では考えられませんが、110万円くらいでした(現在この辺りは200万円/坪前後)。

頭金をいくらか入れて住宅ローン2500万円を借りて購入し、500万円のリフォームをして住んでいます。

住宅ローンの金利は当時フラット35で1.45%程度でしたが、住宅ローン控除が使えたのと返済期間を20年未満に設定すると最初の5年間は金利が0.5%優遇されるキャンペーンをしていたので何も考えず20年返済計画でローンを組みました。

今は、返済額を少なくしています。

リフォームローンは5年間金利0%でフルローンで借りました。

結局、購入後毎月約20万の返済額を返済しています。

私

今考えると、35年の変動金利で借りるのが正解でしたね

ちなみに、自宅を買って子供と広々とした自宅でゆったり過ごせるのは戸建てならではですし、QoL(quality of life)は確実に上がったので自宅を購入したことに後悔は全くありません。

当時は「定年まで今の会社に勤めて、一生自宅で暮らしていくんだー!」って思って購入したワケですが、人の考えは変わるもので今は「今の会社は絶対辞める」と心に誓っています。

そうすると、資産形成の観点で自分の持っている自宅が資産なのか負動産なのか、資産であれば資産価値はいくらかなのかを知りたいと思うようになりました。

自宅の売却額を知るには不動産会社に査定をしてもらう必要があるわけですが、最近は一括見積サイトなるものがあり、手軽にオンライン上の手続き自宅の机上査定を受けることができるようです。

不動産査定・売却なら「イエウール(家を売る)」
不動産売却・不動産査定をするならイエウール(家売る)【完全無料】で不動産会社に一括査定ができます。

ここで、自宅の情報と連絡先情報を入力することで、対面することなく1~3日後に複数の不動産外車から査定額の通知が来るそうです。

私

対面無しで査定できるのは嬉しいですね

ということで、先日早速申請してみました。

申請自体は10分で終了します。

後は、結果を待つだけ。

なお、申請した当日は連絡はきませんでした。

そして翌日、イエウールから1通のメールが届きました。

頂いた査定依頼内容をすぐにお受け出来る不動産企業様の登録がなかったため、
イエウールサポートセンターにてお探し致しましたが、
結果、ご紹介出来る不動産企業様が見つかりませんでした。
大変申し訳ございません。

お詫びのみとなり恐縮ではございますが、
ご不明点等ございましたら、下記イエウール運営事務局宛までご連絡をください。

イエウールからの査定依頼回答メール

これでも一応、東京23区内の駅近物件ですが、すぐに査定できる不動産会社がないみたいです。

イエウールでの自宅査定を考えている方は、都市部の不動産でもこういう事があるので、必ずしも机上査定結果がすぐに分かるということではないということを知っておきましょう。

自宅の価値が分からないので、妄想が膨らみますね。

あまり期待してもしょうがないですが、またいつか思い立ったら自宅の査定を依頼してみようと思います。

私

しかし、そんなことある?

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました