ソフトバンクを解約するか悩む

雑記
スポンサーリンク

私は、2年前からソフトバンク回線を使っています。

現在、このソフトバンク回線を解約するか悩んでいます。

というのも、このソフトバンク回線は2年前に契約したガラホ(4G回線が使えるガラケー)だからです。

なぜ、スマホじゃなくてガラホを契約したかというと、月額300円でカケホーダイ(スマ放題・ガラケー通話し放題)を3年間利用できるという格安プランだったからです。

端末代こそ15000円程かかりましたが、たった300円で通話し放題というのは非常に魅力的です。

そして、この通話し放題SIMはスマホに差し替えても使えるという優れモノ。

私はこのSIMと格安SIMをDSDS端末に差すことによって、月々1000円程でカケホーダイのスマホを利用できていました。

これは本当に素晴らしかったです。

それなのにこのSIMを解約しようとしている理由は2つあります。

1つは、楽天アンリミットの登場により、ソフトバンクSIM(通話し放題)のメリットが薄れたこと。

これは、昨年楽天アンリミットが爆誕したことにより、スマホの通信料が1年間無料になりました。

また、先日発表された新プランによると、1年間の無料期間終了後もデータ1GBまでは無料で維持できるようです。

そして2つ目は、ソフトバンクSIMを3年間使って解約する場合に契約解除料がかかるということです。

これは、ソフトバンクは2年毎の契約更新となるため、更新月(契約期間満了月、満了月の翌請求月、翌々請求月)以外の解約には契約解除料(9500円)が掛かってしまいます。

では、今使っているソフトバンクSIM(通話し放題)を今解約しても良いか、シミュレーションしてみます。

通話については、楽天アンリミットの「Rakuten Link」経由で通話することにより代替できる様です。

一部対象外番号がありますが、今のソフトバンクSIM(通話し放題)でも無料対象外の番号はあります。

そう考えると、通話をRakuten Link経由にしても問題はないはずです。

「Rakuten Link経由で通話する」ということを忘れずにできるかが心配ですが・・・。

次にSMS。

実は、私は家族に連絡する時はいまだにSMSで連絡することがあります。

親の世代以上の身内は、電話番号以外のアイデンティティを覚えることが困難なため、eメールすら難しいという状況です。

そもそも、使っているのがいまだにガラケーなのでLINEなどは使えません。

電話番号でやり取りできるSMSが無難だという事情があります(ソフトバンク同士はSMS送受信無料)。

しかし、今ソフトバンクSIMを解約しなかったとしても1年後にどうするか?という問題は出てくるので、これを機に今から状況を改善した方がいいような気がします。

ちょうど楽天アンリミットの1年間無料のキャンペーンもありますから、このタイミングで身内を全員スマホデビューさせるのが良いような気がしています。

上記のようにソフトバンクSIM(通話し放題)を解約することの懸念はありますが、こうして考えてみると9500円の契約解除料を支払ってまで1年間持ち続けるメリットはなさそうです。

データについても、楽天アンリミットなら1GBまで無料で使えます。

足りない分は格安SIMで補えば良いですね。

ちなみに、今のソフトバンクSIMあと2年持つという選択肢はありません。

タイムリーな話になりましたが、楽天を始め大手通信キャリアやサブブランド、格安SIM会社が定価格のプランを打ち出していますね。

我々利用者にとっては嬉しいことですが、これまで大手通信キャリアと契約していた人からしたら「今までのプランは何だったんだ」と、逆に不満がでそうな気もします(私はまだドコモ回線使っています)。

ちなみに、楽天アンリミットの無料キャンペーンは先着300万回線となっています。

300万回線目前だそうですので、考えているならお早めに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました