【3回目】Garmin VENU SQのGPS測位精度を類似製品と比較検証してみた!~リトライ編~

雑記
スポンサーリンク

前回の記事で、Garmin VENU SQよりもHOLUX M-241 plusの方が測位精度が良い検証結果が出ました。

前回検証した記事はこちら。

全開の記事では恣意的な検証をしたわけではありませんが、Holux M-241 plusの精度が圧倒的に良かったので、ちょっと気になってもう一度測位精度を検証してみました。

今回は少しコースを変えて検証してみます。

私

念のため再検証

GPS精度検証設定

今回もGPS精度の比較検証するにあたり、設定・条件を書き留めておきます。

基本的に、前回・前々回と同じ検証条件です。

定性評価としては、いままで私が使っていたGPSロガーと比較をして同等の精度で記録できていればOKとします。

比較対象(HOLUX M-241 Plus)

比較対象となるのはこちら。

HOLUX M-241 Plus。

写真の奥に移っている黄色いのは旧作のHOLUX M-241です。

どちらも現役ですが、HOLUX M-241 Plusの方はみちびきとGLONASSに対応しているので、今はHOLUX M-241 Plusを愛用中です。

しかし、このHOLUX社は今は無くなってしまったらしく、詳細な製品仕様が見れませんでした。

ご容赦くださいませ。

対応しているGPSはGarmin VENU SQと同じこの製品と比較したいと思います。

検証条件

それぞれの測位条件を示します。

Garmin VENU SQHolux M-241 plus
GPSGPS+みちびき+GLONASSGPS+みちびき+GLONASS
ログ間隔スマート5秒間隔
測定位置左手首胸ポケット

Garmin VENU SQのログ間隔は細かく調整できないため、デフォルトの「スマート」で取得します。

「スマート」は固定間隔でのログ取得ではなく、Garmin曰く、バッテリーを維持するために加速や動きを検知した時にログを残すそうで、細かいログ取得のアルゴリズムは非公開だそうです。

ただ、スマート設定意外には「毎秒(1秒間隔)」でのログ取得しか選べないため、今回は少しでも公平に比較するためにスマートで行きます。

Holux M-241 plusはスマートウォッチじゃないので、腕ではなく胸ポケットにいれてトラックデータのログを取ります。

装着位置が手首と胸で、本体のブレ方に差がありますが、結果にどう影響するか?

外は今日も快晴。

前回と同じ河川敷の小道をランニングして軌跡を確認します。

両者ともGPSを捕捉した状態で実験をスタートします。

検証結果

ログを取得した結果、以下のようになりました。

  • 赤線・・・Garmin VENU SQ
  • 青線・・・Holux M-241 plus

ランニングコースはこちら、両者とも今回も同等の概形を捉えています。

私

どちらも総じて良い。

Garmin VENU SQとHolux M-241 plusで差分が大きいところを中心に確認していきます。

差分が大きいところ①

最初にこの部分。

赤線と青線が大きく乖離していますが、どちらが正しいのでしょうか?

航空写真を重ねるとこうなります。

南東側に高いマンションが建っていることが影響したのか、うまく位置情報を捕捉できていません。

どちらも不正確ですが、どちらかと言えば赤線(Garmin VENU SQ)の方が近いです。

差分が大きいところ②

続いてこちら。

実際は、まっすぐランニングしているはずですが屈折したラインになりました。

航空写真を重ねるとこちら。

ここは青線(Holux M-241 plus)が正しいですね。

差分が大きいところ③

続いてこの部分。

小道を走っていたら、行き止まりになっていたので引き返した部分です。

航空写真を重ねるとこうなります。

似たような形状ですが、どちらかと言えば赤線(Garmin VENU SQ)の方が小道に沿った線が引かれています。

差分が大きいところ④

続いてこちら。

ほぼ直線に走った部分ですが、乖離がありました。

高いマンションがそばにある場所ではありませんでした。

航空写真を重ねるとこちら。

うーん。

ここは両方とも著しく精度が悪いですね。

完全に道から逸れています。

両者引き分けとしますか。

差分が大きいところ⑤

これが最後。

航空写真を重ねるとこうちら。

左側は、ラインが歪ですが赤線(Garmin VENU SQ)の方が正確です。

右側は、青線(Holux M-241 plus)が道にそって記録されています。

甲乙つけがたい部分ですが、比較的青線が正確ですかね。

結論

どちらも同じコースを走って記録を取りましたが、部分的に乖離する部分が出てきました。

乖離した部分にフォーカスすると、状況によってはGarmin Venu SQが優位な部分がいくつかありました。

今回は互角の測位精度(引き分)でした。

前回はHolux M-241 plusが圧勝という結果でしたが、場所によっては大きく乖離した部分がありましたので、個人的には良い意味でちょっとGarmin Venu SQの印象が変わりました。

Garmin Venu SQもそれなりに良い精度で記録がとれますから、測位した場所によっては(高い建物がそばにある場所では特に)Holux M-241 plusでもうまく測位できず、相対的にGarmin Venu SQが優位な場合がありました。

なお、多くのランナーはおおよその走行経路が分かれば良いはずなので、あまり気にすることは無いかもしれません。

私

同じ場所でもタイミングによっては精度が逆転することもありますし、気にするほどの誤差ではないと思います

まとめ

前回に続いて、Garmin VENU SQのGPS(みちびき+GLONASS)精度を検証しました。

相対評価としては、今回はGarmin Venu SQもHolux M-241 plusもほぼ同等の精度でした。

絶対評価としては、前回と変わらず多少の誤差がありますが概ね概形は捉えており、ランニングコースを記録する用途であれば問題ないレベルだと思います。

ただし、ある程度の測位誤差があるということは許容する必要があります。

あくまでも今回の検証結果であり、必ずしもGarmin Venu SQが良い/悪いということではないのでご留意ください。

このまま、引き分け、ということで終わらせるのも記事を見ている方は気持ちが悪いと思いますので、次は場所を変えて再検証してみたいと思います。

一つ言えることは、Garmin Venu SQはスマートウォッチとしての測位精度はかなり優れているということ。

GPS専用機器と互角の精度が出せるのは素晴らしいです。

もしよろしければ、Garmin Venu SQレビュー記事もどうぞ。

私

私はガーミンの回し者でありませんので、ご安心ください

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました