家事代行サービスCasyを利用して、我が家の水回りを綺麗にした話

雑記
スポンサーリンク

今回、家事代行サービスのCasy(カジー)を利用して自宅の水回りを掃除してもらいました。

我が家は共働きのため、平日に家の水回りを掃除することはあまりしません。

土日になれば、お互い「たまにはゆっくりしたいよな」ということで、気合れて掃除することはありませんでした。

これまで、自分たちで自宅の水回りを掃除することはありませんでしたが、時々親が泊まりに来た時に掃除してもらう程度でした。

しかし、このコロナ禍においては親の支援も受けられず、かといって自分たちも掃除をしませんから、我が家の水回りの汚れもだいぶ溜まりました。

ということで、ここは何とかしなきゃということで年末に家事代行サービスのCasyを予約していました。

家事代行 初回限定お試しプラン【CaSy(カジー)】家事代行サービス
お掃除代行、お料理代行初回限定お試しプラン(1時間1818円~)。家事代行、家政婦なら日経DUAL「家事代行サービスランキング2019」1位獲得のCaSy(カジー)。東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・兵庫県・愛知県・宮城県でサービスを提供しています。

予約したのは初回限定の「家事代行プラン」。

初回限定ですが、2時間で4700円(交通費・税込)です。

家事代行サービスではありますが、洗剤やスポンジなどのアイテムは自分で用意しておく必要があります。

当日に2週間前に必要なアイテムリストがメールで送られることになっています。

ちなみに、私の場合は何故か一週間前にそのメールが来て、かつ必要なアイテムが全て準備できませんでした(市販の水回り掃除用の潜在とスポンジのみ用意しました)。

そして、当日。

時間通りにキャストが自宅に到着しました。

到着するとすぐに戦闘服(作業服)に着替えて、掃除箇所とアイテムを確認してお掃除が開始されます。

今回は、リビングで普通に着替えてもらいましたが、できれば着替えるスペース(部屋)やキャストの荷物置き場を用意してあげたらよかったな、と思いました。

上記でも書きましたが、今回用意したのは水回り用洗剤(風呂、トイレ、キッチン、洗面所)とスポンジのみで、他にもリクエストされていたクエン酸や重曹などは用意していませんでした。

言い訳ですが、一週間前にリクエストされたので買い物に行くタイミングがありませんでした。

掃除する箇所を確認したら、早速掃除開始。

この間、私たちはリビングでいつも通りに過ごしました。

テレビ見たり、PCでネットサーフィンしたり。

時々、キャストから「重曹ありますか?」とか、「スポンジの替えありますか?」等、質問されましたので、対応します。

基本はお任せです。

2時間かけて一通りの清掃を終えます。

ちなみに、今回対応してくださったキャストは、必要なアイテム(洗剤とか)が無い中ものすごく丁寧に掃除してくれました。

さすがに、清掃している最中に写真を撮るのは邪魔になるし、失礼かと思ったので、清掃前後の水回りの写真を参考に乗せておきます。

恥ずかしいですけど。

まずは、キッチンから。

before

after
before
after
before
after

何故かコンロも掃除していただきました。

before
after
before
after

洗面台とお風呂とトイレはbeforeの写真を撮っていないのですが、以下のようにきれいにしていただきました。

洗面台
お風呂

2時間めいっぱい掃除してもらいました。

ここまで丁寧に掃除してくれるなら、ちゃんとクエン酸と重曹も用意しておけば良かったっと思いました。

掃除をしてもらった後は、キャストと掃除した箇所を確認し、掃除のアドバイスをしてもらいました。

アドバイスを聞いて、日々の掃除が如何に大切か思い知らされました

要するに、そうじしなさすぎということです・・。

今回初めて家事代行を体験してみましたが、4700円でここまでやってくれるのはかなり良かったです。

特に、共働き世帯で掃除が負担になっている方にはとてもコスパの良いサービスだと思います。

次回からは、3000円/時間に単価がアップしますが、このままコロナで実家からのヘルプが無ければまた利用すると思います。

でも、あくまでも「家事代行」ということで、過度な期待はしてはいけません。

掃除のプロというより、お母さんに掃除をやってもらう、という感覚でいるのがしっくりきますかね。

やっぱり家が綺麗だと気持ちがいいですね。

このあと、掃除した箇所をいかに汚さずに生活をするか、ストレスを溜めずに生活する日々が続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました