住民税(2021年)

板橋区
スポンサーリンク

少し前に、今年の住民税通知書が会社に届いていました。

毎年6月頃になると、前年の所得を基に今年の住民税が会社を通じて通知されます。

私は基本的に在宅勤務なので通知を確認していなかったのですが、今日久しぶりに出社したのを機に遅ればせながら確認しました。

私

まあ、給与明細の控除欄で分かるっちゃ分かるんですがね。

その住民税通知書がこちら。

所得は以前記事にした通り、大体800万くらいです。

確認すべきポイントは、配当所得の申告不要制度を使ったので昨年貰ったの分配金・配当金(私の分は約60万円、妻の分が20万円くらい)が所得に算入されていないことです。

これだけでサラリーマンながら約3万円(夫婦で約4万円)を節税できたわけですから、ひと手間かけた甲斐があるってもんです。

昨年は年収が増えたぶん控除額は増えましたが、医療費控除も使えなかったので相対的な控除額は一昨年に比べて減少しています。

諸々の所得控除を差し引いた結果、課税所得は4,388,000円でした。

続いて、ふるさと納税の控除分を確認します。

ふるさと納税の控除が適用されているかどうかは、「税額控除額」で確認します。

2つの金額を合計して、ふるさと納税寄付額から2000円を差し引いた額と同等の控除額になっていればふるさと納税の控除が適用されています。

「同等」としたのは、ふるさと納税控除額は総所得金額の30%が上限となる等、必ずしも寄付(から2000円引いた)額とは一致しないからです。

そもそも確定申告(orワンストップ特例制度)で申告していないと反映されません。

私は昨年15万円ほど寄付をして確定申告もしたので、それなりの控除額があるはずなのですが、この通知書では確認できません。

私の場合は、ふるさと納税の控除があるか/ないかで10万円以上住民税が変わってくるのですが・・

私

2500円ってことはないよね?手違いかしら。

通知書の上では、今年の住民税は44万1200円でした。

私の給与所得額からすれば妥当な額ではありますが、ふるさと納税の控除が反映されるはずなので住民税はもう少し安くなるはずです。

私

区役所に問い合わせかな・・

こんなことは時々ありますので、(特にふるさと納税された方は)住民税の通知書はよーく確認することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました