【e-navi】楽天カード支払いに楽天ポイントを充当する方法

節約
スポンサーリンク

先日、楽天ポイントのおすすめの使い方を紹介しました。

私は、通常ポイントは楽天カードの支払いに充当することをおすすめしています。

本記事では、楽天ポイント(通常ポイント)を楽天カードの支払いに充当する方法について解説したいと思います。

事前準備

楽天カードを作る&利用する

楽天カードの支払いに楽天ポイントの充当するためには、楽天カードを持つ必要があります。

持ってない場合はまず、楽天カードを作る必要があります。

(楽天カードであれば、通常・プラチナ・VISA・JCB問いません。)

楽天カードを作ったら、お買い物で利用してください。

楽天カードの利用請求がある状態にしておきます。

楽天カードの支払いに楽天ポイントの充当する方法

e-naviからポイント充当を設定する

毎月13日~24日までにe-naviにて手続きをすることで、楽天カードの支払いにポイントを充当することができます。

「楽天e-NAVI」ログインページ:楽天カード
楽天カード会員様専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」のログインページです。楽天e-NAVIではご利用明細確認のほかにも、お得なキャンペーン・サービスがございます。

e-naviにログインしたら、「ポイントで支払いサービス」を設定します。

支払いに充当したいポイントを入力します。

ポイントを充当しても、楽天カードの利用額に対して付与されるポイントに変化は無いので「全ポイントを使う」をお勧めします。

確認画面でポイント充当額とポイント充当後の請求金額を確認します。

以下の完了画面が表示されれば、設定完了です。

まとめ

楽天カード支払いに楽天ポイントを充当する方法について解説しました。

楽天ポイントは使い道が多く利便性が高いポイントですが、意外にも使い方によってポイントの価値が変わったりします。

その中でも、楽天カード支払いに楽天ポイントを充当する使い方は、無駄なく効率よく楽天ポイントを消化できる方法だと考えています。

微妙な差ですが、チリツモですね。

使える楽天ポイントは少しでもお得な方法で使いたいですね。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました