GL.iNet GL-AR300M-Extをレビュー~初期設定~

自宅サーバー
スポンサーリンク

先日、GL.iNet GL-AR300M-Ext(無線LANルータ)について開封レビュー記事を書きました。

本維持では、GL.iNet GL-AR300M-Extの初期設定について記事を書きたいと思います。

GL.iNet GL-AR300M-Ext (shadow) VPN無線LANトラベルルーター Openwrtインストール 中継器ブリッジ 11n/g/b 高性能300Mbps 外付け2dbiアンテナ 128MB Nand フラッシュ OpenVPN/WireGuardクライアントとサーバーインストール 日本語画面

ルーター起動!

早速、購入したルーターを起動します。

起動は簡単、MicroUSBケーブルを本体に挿すだけです。

この時、WANに接続する有線LANをWANポートに挿しておくと、無線LAN経由でインターネットに接続することができます。

少し待つと、GL.iNet GL-AR300M-Extが起動してSSID(GL-AR300M-7ab)が見えるようになります。

このSSIDが見えたら接続します。

初期PSKは、goodlifeです。

初期設定

無線LANに接続できたら、設定画面を開いてみます。

ブラウザで、192.168.8.1にアクセスします。

すると、以下のような現設定画面に遷移します。

とりあえず、日本語を選択して進めました。

言語設定は後から変更可能です。

続いて、新しいパスワードの設定画面に移ります。

パスワードを設定したら、送信して完了です。

ファームウェアアップデート

ログインすると、以下の画面が表示されます。

なんと、OpenWRTベースと言いつつも、ネイティブなOpenWRTではありません。

OpenWRTのUIとして、Gl.iNetのラッパーが提供されています。

ただし、いわゆるOpenWRTベースであることに間違いはありません。

左側にメニューが表示されます。

私

デフォルトでVPN設定ができるようです。

VPN設定については別の記事で解説したいと思います。

アップグレードに赤い印がついていたので、アップグレードを選択してみます。

見ると、現在のバージョンが3.024。

3.104の更新ファイルがあるようですので、「Download」ボタンを押して更新します。

しばらく待つと、確認画面が出てくるので「インストール」をクリックします。

しばらく待てばインストールが完了します。

途中、以下のような画面になりルーターが再起動ます。

再度、SSIDを指定して無線LANに接続すると、バージョンアップを確認できます。

タイムゾーンの変更

一応、設定をローカライズしておきます。

デフォルトではTZがUTCになっているので、左側のメニューから「タイムゾーン」を選択して、TZをAsia/Tokyoに変更しておきます。

VPN

GL.iNet GL-AR300M-ExtにはデフォルトでOpenVPNとWireGuardが利用できます。

それぞれ、クライアント機能だけではなくサーバ機能も備えています。

標準でVPNサーバ機能も使えるというのは、痒い所まで手が届いています。

本製品におけるVPN機能の使い方は別の記事で解説しますが、試しにOpenVPNとWireGuardクライアントで利用したところ自宅のVPNサーバに正常に接続できました。

VPNクライアント機能を使う場合は、VPNサーバを構築しておく必要があります。

高級機能!?

左のメニューの最下部に「高級機能」があります。

これは、FW(OpenWRT)を直接弄ることができる機能です。

「高級機能」をクリックすると見慣れた画面に遷移します。

Passwordは本体の管理画面のパスワードと同じです。

本製品の本体はLinux kernelで動いています(OpenWRTがLinux kernelで動く)。

Kernel versionが4.9.120。

Firmware versionが18.06.1ベース。

本製品は昨年からありますが、最新ではないにしても意外にもKernelもFWが新しいです。

本体のアップデートでKernelとFW(OpenWRT)がセットでUpdateされるのかもしれません。

私

問題なし。

ただ、ルータとしての基本的な設定はGl.iNetの管理画面(ラッパー経由)で設定するのが楽で良いと思います。

まとめ

前回の記事に引き続き、ソフトウェア面のレビューをしてみました。

ルーター設定のUIはGl.iNetのラッパーが用意されていて、ルーターの基本設定は簡単に設定できそうでした。

また、VPN機能がデフォルトで利用可能になっているのが、憎いです。

高級機能メニューから直接OpenWRTを触れるようになっていて、期待通りOpenWRTベースのルーターであることが確認できました。

ここまで見ただけでも非常に高いポテンシャルを感じましたし、これが4000円弱で買えるなら、もう迷うことは無いでしょう。

Gl.iNetのラインナップも現在進行形で増えているようですし、個人的に今後注目したいベンダです。

GL.iNet GL-MT300N-V2 (Mango) 無線LAN VPNトラベルルーター 中継器ブリッジ 11n/g/b 高性能300Mbps 128MB RAM コンパクト ホテル用 Openwrtインストール OpenVPN/WireGuardクライアントとサーバーインストール 日本語設定画面

GL.iNet GL-MV1000 (Brume) エッジコンピューティングギガビットvpnルーター DDR4 1GB、フラッシュ16MB、EMMC 8GB、マイクロSDストレージスロット、Openwrt、280Mbps高速vpnスピード、日本語設定画面

GL.iNet GL-AR750S-Ext ギガビット 無線LAN WiFi vpnトラベルルーター 11ac/n/g/b/a 300Mbps(2.4G)+433Mbps(5G) Wi-Fi 128MB RAM マイクロSDサポート コンパクト Openwrtインストール OpenVPN/Wireguardクライアント/サーバー 日本語の設定画面

私

実に面白い。

実家のルーターこれにしようかな。

後は、安定するかどうか。

これは使いながら確認していこうと思います。

今後は、時間を見つけてVPNの設定をしてみようと思います。

今回も参考になれば幸いです。

GL.iNet GL-AR300M-Ext (shadow) VPN無線LANトラベルルーター Openwrtインストール 中継器ブリッジ 11n/g/b 高性能300Mbps 外付け2dbiアンテナ 128MB Nand フラッシュ OpenVPN/WireGuardクライアントとサーバーインストール 日本語画面

コメント

タイトルとURLをコピーしました