SBI証券の「つみたてNISA」をクレカ決済に変更する方法

スポンサーリンク

6/30よりSBI証券の投信積立が三井住友カードで決済できるようになりました。

クレカ決済ができるようになったのは、つみたてNISAを含む投資信託の定期買付です。

私はつみたてNISAもやっているので、これを機にクレカ決済に変更してみました。

ちなみに、一般NISAではクレカ決済ができません、あしからず。

SBI証券の三井住友カード決済による投信積立サービス

本記事で解説するのは、SBI証券で新たに開始されたクレジットカードの投信積立サービスです。

当該サービスの概要配下の通り。

三井住友カードが発行するクレジットカードで投資信託が積立できる「三井住友カード つみたて投資」

対象となるお客さまSBI証券の証券総合口座をお持ちの個人のお客さま
※ 未成年、法人口座のお客さまは対象外です
対象商品SBI証券が取り扱う積立買付が可能な投資信託すべて
(2,510本、2021年5月18日時点)
使用可能なクレジットカード三井住友カードが発行するクレジットカード(提携カードを含む)※1
預り区分特定、一般、NISA、つみたてNISA
(ジュニアNISAは対象外です)
積立設定金額毎月100円から50,000円まで
積立設定締切日および
発注タイミング
毎月10日に積立設定申込を締め切り、翌月1日に発注
クレジットカード決済によるポイント付与投信積立額の0.5%のVポイント※2
(「スタートダッシュキャンペーン」期間中は、投信積立額の1.5%のVポイント)
Vポイント付与日積立設定締切日の当月末頃

※1 家族カード、銀聯カード、ビジネスカード、コーポレートカード、デビットカード、プリペイドカードなどは対象外です。
※2 Vポイント以外の独自ポイントが貯まるカードは、「三井住友カード つみたて投資」の決済は可能ですが、Vポイント付与の対象外です。

SBI証券、三井住友カードとクレジットカード決済による投信積立サービスを2021年6月30日に開始サービス開始を記念して、投信積立額の1.5%のVポイントが貯まるキャンペーンを実施(SBI証券)- PR情報|SBIホールディングス
株式会社SBI証券(代表取締役社長:髙村正人&#122...

言わずもがなですが、あらかじめSBI証券口座開設が必要となります。

まだSBI証券口座を解説していない場合は、事前に以下のリンクから口座開設をお願いします。

つみたてNISA設定をクレカ決済に変更する方法

以下の手順は、予めつみたてNISAの設定がある前提となっています。

これから新規でクレジットカードの登録 or 積立NISAを設定する場合は、以下の記事を参考にしてください。

「取引」→「投資信託」→「投信(積立買付)」をクリック

SBI証券にログインし、上部メニューの「取引」をクリックし、投信積立設定を開きます。

積立設定一覧→「変更」

積立設定一覧から「設定」をクリックします。

決済方法→「クレジットカード」をクリック

決済方法の設定を現金から「クレジットカード」に変更し、ダイアログの「はい」を選択します。

設定内容を確認して「次へ」をクリックします。

なお、クレジットカード決済の場合、ボーナス月の積立設定がリセットされますので、注意してください。

ファンド情報の確認→「確認画面へ」

積立設定するファンド情報を確認して、「確認画面へ」をクリックします。

入力内容の確認→「設定する」をクリック

設定内容を確認して「設定する」をクリックします。

積立設定完了→積立設定の確認

以下の画面が表示されれば、設定は完了です。

設定内容を確認してクレジットカード払いになっていれば完了です。

これで、クレカ決済でつみたてNISAができるようになります。

買付のタイミングは毎月1日(休場の場合は翌営業日)です。

7月10日までに設定すれば、次回の8月2日から積み立てとなります。

私

投資もできて、ポイントもつく

まとめ

SBI証券から投信積立のクレカ決済サービスが開始されました。

SBI証券、三井住友カードとクレジットカード決済による投信積立サービスを2021年6月30日に開始サービス開始を記念して、投信積立額の1.5%のVポイントが貯まるキャンペーンを実施(SBI証券)- PR情報|SBIホールディングス
株式会社SBI証券(代表取締役社長:髙村正人&#122...

今回はつみたてNISAの設定をクレカ決済に変更する手順について解説しました。

クレカ決済での積立上限は5万円となりますが、余裕が無ければまずはつみたてNISA分をクレカ決済することをお勧めします。

私

NISAを始めてない方は、この機会にはじめてみては?

購入ファンドに迷ったら、以下の記事も参考にしてみてください。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました