2020年のANA SUPER FLYERS CARDが到着

[雑記]2020年のANA SUPERS FLYERS CARDが到着 節約
スポンサーリンク

今日、ポストを覗いてみると、2020年のANA SUPER FLYERS CARD(SFC)が届いていました。

2020年のANA SUPER FLYERS CARDが到着

私がANA SFC会員になった時期

2011年2月です。

ANA SFCを取得してから、もうすぐ10年。歳取ると時が経つのが早い。
昔の自分(PLATINUM(プラチナ会員) を目指していた頃)は、まだ独身で、マイルを貯めるために飛行機に乗るなんてことをやっていました(いわゆる、修行僧)。

海外出張も利用して、何とか、プラチナ会員まで到達しましたが、 それを機に熱が冷め、飛行機に乗ることが激減しました。
もはや、ANA SFCを取得することが目標になっており、飛行機に快適に乗るとかANAをお得に使う、という当初の目的はSFC入手を機に興味が薄れていったように思います。

とはいえ、SFC取得当時(2010年頃)は貯まったマイルは30万マイルを超えており、マイルの使い道としては、基本は特典航空券で消費していました。田舎に帰省する際に使ったり、当時付き合っていた今の妻と国内旅行したり、ファーストクラスでヨーロッパに行ったりしました。
今でも、なんだかんだで毎年2万マイルくらい貯まるので、最近は2019年のGWにハワイに家族旅行 (夫婦+子供2人) しましたし、夏に沖縄旅行(夫婦+子供2人+祖母) しました 。

私が感じたSFCのメリットは?

SFCで一番お世話になっている権利は、保安検査場の優先レーンとラウンジ利用です。空港で快適に待ち時間をつぶせるというのが、非常にありがたかったです。逆に言うと、それくらいです。実際には、オフィシャルな特典は他にもあります。

SFC修行を含め、SFCにはとてもいい体験をさせてもらいましたので、私の中でANAのイメージは大変良かったです。それだけにここ数年、特典航空券ルールの改悪が残念です。

SFCは年会費として1万円程かかる(ANA SFC VISA Gold/マイペイすリボ)のですが、活用頻度が低いとはいえ、SFCはANAに乗る際に効力を発揮するので、このSFCは持ち続けようと思います。年間1万円くらいの負担なら、手放す理由はないです。

SFCの費用対効果

しかし、これからSFCを取得するなら話は別です。
ちなみに、私のよう年3~4回だけANAを使ったり、3年に1回海外旅行に行くくらいの頻度だと、確実にSFC取得はコスパが悪いと思います。

なぜなら、SFC取得するには安く済ませても50万円以上はかかるからです。プラスして、時間がかかります。飛行機に乗る必要があるからです。

毎年2-3回は海外旅行/海外出張に行くとか、毎月飛行機に乗るとかじゃないと、あるいは出張で飛行機に乗る機会が多い、とかじゃないと元は取れないのでお勧めしません。今やお金を出せばSFCと同等の権利が得られる時代ですから。ANAカードAMEXで十分です。

これからSFCを取得しようとする方へ

なぜSFCを取得するのか。SFCを取得して、どのような恩恵を受けたいのかをまずよく考えるべきです。
そのうえで、SFC修行が必要かどうかをよく調べて、考えてください。あなたが得たい権利や受けたい恩恵には、SFCが必要でしょうか。今はハイクラス向けのANAカードもラインナップにありますし、 デルタ スカイマイル AMEXカードもあります。当然、年会費に応じたサービスが受けられます。


そして、修行(計画含む)に伴う、航空券代、食事代、ホテル代、自分の時間、そして家族や恋人・友人との時間を犠牲にしてもSFCを取得する価値があるか?ということをよく考えて実践することをオススメします。

今の私はSFC取得に否定的です。ただ、昔の私のように独身でSFCを取得することが目的(≒趣味)であったり、会社の出張ついでにSFC修行ができるならいいと思います。それでも、SFC取得にかかるお金・時間をイメージして実践しましょう。
そして、やるからにはSFCを必ずゲットしましょう!安くないですから・・

最後に

もう一度書きますが、頻繁にANAに乗るような方じゃないとSFC取得はコスパが悪いです。 SFCホルダーの私からのメッセージです(笑)

ちなみに、 デルタ スカイマイル AMEXカード はステータスマッチで、スターアライアンスゴールドになれるとか。
いろいろ書きましたが、私がオススメするのはやはりSPGカードです。

最後に、昔ほどではないですが、クレジットカードとかマイルとかには興味があるので、今後ブログでも紹介していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました