【2021年】ANAスーパーフライヤーズラウンジカードが届いた話

雑記
スポンサーリンク

今日、ANAから一通の封筒が届きました。

封筒のウラを見ると「今すぐご開封ください。」と催促しています。

このようなメッセージを封筒に書いて煽られることはなかなかありません。

「これはただ事ではないな」と感じたので、ドキドキしながら早速開封してみました。

封筒を開封すると、内容は2021年版のANA SUPER FLYERS CARD(ANAスーパーフライヤーズラウンジカード)でした。

あ、いつものやつですね。

私私
私私

私毎年ありがとうございます。

このラウンジカードを保有することで、空港のラウンジでの休憩・食事やシャワーが無料で利用できます。

ちなみに、私はここ数年は飛行機に殆ど乗っていません。

ANAでは、飛行機に乗ることで得られる「プレミアムポイント」を年間30000ポイント(ANAグループ便で15000ポイント)以上貯めると、プレミアムメンバーサービスが受けられます。

プレミアムポイントとは | プレミアムメンバーサービス | ANAマイレージクラブ
【ANA公式サイト】プレミアムポイントとは。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「ANAマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどANAのマイルを貯めて使えるサービス満載。

なお、得られるステータスは獲得するプレミアムポイントに応じて変わります。

一年間のプレミアムポイント数で、 翌年度のプレミアムステイタスが決まります。 | プレミアムメンバーサービス | ANAマイレージクラブ
【ANA公式サイト】一年間のプレミアムポイント数で、 翌年度のプレミアムステイタスが決まります。。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「ANAマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどANAのマイルを貯めて使えるサービス満載。

例えば、プレミアムポイントを年間50000ポイント(ANAグループ便で25000ポイント)以上獲得すると、翌年一年間はANAプラチナ会員になれるのと同時にスターアライアンスの最上級ステータス(ゴールド)が得られます。

私

50000ポイントも獲得して1年間

しかし、ANAプラチナ会員以上になると「ANAスーパーフライヤーズカード(ANA SFC)」(クレジットカード)のインビテーションを受けることができます。

ANA SFC年の会費は11,275円~170,500円となります(じゅうななまんえん!)。

年会費こそ高額ですが、このクレジットカードを保有し続ける限り、ANAプラチナ会員およびスターアライアンス・ゴールドのステータスを維持することができるのです。

言い方を変えれば、年間11,275円でANAのプレミアムステータスを半永久的に維持することが可能ということです。

私は10年以上前(入社後まだ若手のころ)にたまたま海外旅行2回と沖縄出張と海外出張を同じ年にすることができ、運よくANAプラチナ会員を獲得しました。

(以前は、1回の海外旅行で2万プレミアムポイント以上を獲得できるルートがありました。)

当時は毎年2回以上は飛行機に乗る用事があったので、ステータスを維持するためにANA SFCを作成しました。

後半は意識してANAの飛行機に乗りましたが、修行したつもりはないです。

とは言いつつも、世間ではそれを修行したと言うのかもしれません。

ちなみに、ANAプラチナ会員程度であればある程度の時間(述べ半月)とお金(50万円程)をかけることができるなら、比較的簡単に獲得できます。

私は今は結婚して子供もいて仕事も忙しいですから、今からプレミアム会員目指せと言われても物理的に不可能です(お金もない)。

私

タイミングと偶然の賜物です

そのような経緯で、私は今でもANA SFC Goldを所有しています。

そして、このANA SFCはラウンジカードの役割も果たしてくれます。

そういうことなので、このラウンジカードは使う場面がないからいらないんですよね。

私

いつも悪いね

コメント

タイトルとURLをコピーしました